ラオスのホテルでインターンとして働いています!


by intern75

帰国しました!

更新がだいぶ遅くなりましたが、8月10日に帰国しました。
今は実家でゆっくりしています。
本当に充実した約1年間で周りのスタッフやトラジャルさん、応援してくれた家族には本当に感謝しています(^o^)
最後の数日は少しお休みがあったので、念願だったエレファントライド、まだ行っていなかった洞窟にも行って、ルアンパバーンで行きたかったところを制覇して帰ってきました(^^♪
c0343187_21070174.jpg
象使いさんがどんなに必死に指示を出してもマイペースに動き回る象でしたが、すごーく楽しかったです003.gif
c0343187_21025003.jpg
c0343187_21033394.jpg
そして洞窟ではたくさんの仏像にルアンパバーンでの充実した生活に感謝とこれからの充実した生活を祈ってきました016.gif
一緒に象乗りに行ってくれたジェイド、象乗りも洞窟も一緒に行ってくれた友達には感謝感謝です(^^♪

そしてこれが最後の更新になるので、最初から振り返ってみようと思います。
去年の9月にルアンパバーンに到着し、夜の空港でなんで来ちゃったんだろう…となぜか猛烈に後悔し 笑
後悔から私の約1年間は始まりました。
大した研修もないままフロントに座らされ、緊張と不安の連続の日々でした。
何をしたらいいのか聞かないとわからない、英語も十分理解出来ない、ラオス語だって十分じゃない…
日本語を話す人のいない職場は予想していた以上にストレスのかかるものでした。
覚えることは山積みなのに、言語が十分理解できていなかった私は理解するまでに時間がかかり、何度も説明してもらったり、書いてもらったりと本当に迷惑をかけました。
そしてついにインターン開始から一週間で帰りたい…(>_<)と泣き 笑
その時に大丈夫、大丈夫と言って慰めて元気づけてくれたスタッフには麻衣は来てすぐ泣いたよねー笑 と最後まで言われました…(^_^;)
その後も何度か泣きながらも慣れようと必死でいろいろな仕事を覚えた最初の3か月でした。
3か月が経つと言葉の壁も若干下がり、仕事も一通りできるようになりだんだん楽しくなってきました。
それでもゲストの英語がわからなかったり、ゲストのコンプレインに戸惑ったり、仕事がうまく進まずに落ち込むことも多かったと思います。
マネージャーや他のスタッフの対応を聞いたり見たりしてまだまだなんだと実感しながら、自分もできるようになりたいと一つずつ覚えていきました。
中々成長の無かった期間を経て半年になると、スタッフの入れ替わりが激しいホテルだったせいもあり気が付けば私が教える立場になっていました。
まだ自分はちゃんとできているという自信はありませんでしたが、いろいろ聞かれたり、他の部署やマネージャーからも仕事を任されたりするようになり始め、しっかりしないと…!!!と最初の頃とは違う意味で緊張しましたが、ちゃんと出来てる!!!と実感しだしたのもこの頃からでした。
最後の半年は本当にあっという間で、一瞬でした。
毎日スタッフに会うのが楽しみで、仕事を任されることも嬉しくて楽しくて本当に充実していたんだと思います。
仕事以外の内容はラオス語で話したりしていましたが、最後には仕事のミーティングもラオス語になることも増え、よくわかるようになったねー(゜o゜)とマネージャーやスタッフにも言われるようになりました。
自分ではまだまだなのですが、確かに成長できたとは思います012.gif
そしてあっという間に最後の日を迎え、来た頃は本当に何も出来なかった私が帰ったら困るー(>_<)と言われ、本当に嬉しかったのと同時にすごく寂しかったです007.gif
空港に行く前はお別れが寂しくて泣いてしまい、Do not cry!!! と全員に言われ、また笑われ 笑
それだけ泣くってことは本当に楽しかったんだね、よかったね!!!私たちも一緒に働けてよかったよ!!!と会計の方に言って頂きまた涙が止まらず…(^_^;)
笑って別れないとと思いつつ最後まで泣いてました 笑

ざっと振り返るとこんな感じです。
自分の無力さを思い知らされたり、こんなことも出来るんだ…!と気付いたり、自分とよく向き合った1年でもありました。
フロントのスタッフだけでなく、FB、ハウスキーピング、キッチン、会計、エンジニア、セキュリティとどの部署の方々にも、外部のエージェントの方にもたくさん助けてもらいました。
フロントがゲストに関することを全て仕切っていると言っても過言ではないホテルで、何かで困ってどうしよう…!と電話しても、わかった、確認してみるからちょっと待ってて!!!と迅速に動いてくれたり、ツアーの時間を当日にいきなり変えて!!!と電話しても難しいと言いつつも何とか調整してくれたりと周りの人なしでは働けなかったと思います。
スムーズな連携があってこそ、サービスが提供できることを身に染みて感じました。

私は大学でホテルについて学んでいる訳でもなく、ただホテルの仕事に興味があったのでインターンに参加しました。
1年やってみて自分に向いているか見極めようと思っていましたが、正直まだはっきりとはわかりません。
そう言うと、日本人の知り合いの方に1年くらいじゃわからないよ!と言われ、そんなものなんだ…と焦って見極めなくていいこともわかりました。
見極めるよりも良かったと思ったのは自分の視野が広がったことです。
前まではホテルがいい!!!と思っていましたが、小さなホテルにインターンしたおかげで本当にいろんな方にお会いしました。
ルアンパバーンで人気のあるツアーガイドさん、ネットでも見かける予約会社から来られる方、その他のいろいろなエージェントの方…
中には仲良くなって仕事について話して下さった方もいらっしゃいました。
正直イメージも華やかだしとホテルに凝り固まっていましたが、ホテル以外にも観光にはこんな形でも関われるんだ、ということを感じました。
おかげでいろいろなことに興味が出て、これからも調べてこれからを決めていきたいと思っています。

最後に、サポートして下さったトラジャルさん、いつも応援してくれた両親には本当に感謝しています、ありがとうございました。
そしてそしてホテルのスタッフだけではなく、ルアンパバーンで私の相手をしてくれた 笑 日本人の方々、ありがとうございました。
これからも精進していきたいと思います(^o^)

c0343187_21040863.jpg
Thank you for everything!
I'll never forget my experience in Luang Prabang.
Hope to see you again!
ຂອບໃຈຫລາຍໆເດີ
ໂຊກດີເດີ!!!

[PR]
by intern75 | 2015-08-22 01:05