ラオスのホテルでインターンとして働いています!


by intern75

先週の出来事

サバイディー(^^♪
11月ですね!!!
日本はもう寒いシーズンだと思いますが、ルアンパバーンはまだ日中は暑いです(>_<)
ただ朝夕は若干気温が下がってきたかなーと感じます。

先週こちらに来て初めて体調を崩し、病院に行きました…。
夜中の3時から腹痛と吐き気に襲われ、ベッドで苦しみました(>_<)
トイレに何回も通い、水も飲めなかったので午後からの勤務の日だったのですがこれは働けないと思い病欠を使いました。
知り合いの日本人の方のもついてきてもらいホテルから病院へ…
頭がボーっとしてよくわからないまま採血をしてよくわからない薬を飲まされ、点滴と注射でましになって帰ってきましたが、次の日までダウン(+o+)
そこから回復して今は元気ですが、病欠だったはずがなぜか急にオフ扱いに変えられ、今11連勤の真っただ中です(^_^;)
ハイシーズンなので仕方ないのですが…
食べたもので食あたりになるものはなかったはずなので原因は謎です 笑
体調を崩して感じたのは周りのスタッフの優しさと異国で病気になるとどれだけ心細いかでした。
病欠の連絡と病院に行きたいと連絡するとすぐに部屋まで様子を見に来てくれたり、歩いてこれる?車いすいる?と電話してきてくれたり、しんどいのと心細いので泣いてしまったのですが、ずっと大丈夫大丈夫と言い続けてくれたり、病院では何から何までやってくれたり帰ってきてからはお粥を部屋まで持ってきてくれたりと本当に助けられました。
感謝感謝です(^o^)
それでもこれだけよくしてもらっても海外で病気になると心細いこともわかりました。
ルアンパバーンには日本語の通じる病院はありません。
まず病院で何を言っているのか全く分からない。
おかげで次になにをされるのかわからなくて不安になる。
普段ならすんなりわかるはずの英語もラオス語も全く頭に入らず、しかもお医者さんが英語とラオス語を混ぜて話すのでなおさらわからなくなり(^_^;)
日本人の方と連絡がとれて一緒に来てもらったのがとても心強かったです。
もし日本人のゲストが宿泊して病院に行く必要があるような状況になったら必ず自分が一緒に行こうと思いました。
それ以外ではもう病院にお世話にならないですむように気を付けようと思います 笑

この前のオフ、要するに私が腹痛と戦っていたのはこの部屋なのです…
勉強も兼ねてホテルの一室に泊めてもらいました016.gif
なのですが、最後に苦しんだおかげであまり覚えていません…(>_<)

c0343187_17352122.jpg


c0343187_17355816.jpg
人生初キングベッドかつお姫様ベッド053.gif
1人で泊まるには広すぎて最初は全く落ち着きませんでしたが(^_^;)
慣れるとすごく静かだし居心地よかったです。
そう、元気だったうちは 笑
じっくり見たことがなかった部屋のスイッチを確認したりインフォメーションファイルを読んでみたりと次エスコートするときにゲストに聞かれて困らないように思いつくことはやってみました。
いいなーと思ったのは絶妙な部屋の明るさとミニバーの紅茶の充実度(^o^)
昼も夜もちょうどいい明るさが保てていて過ごしやすかったです019.gif
そしていろんな紅茶があって紅茶好きなので全部試したくなるくらいでした♡
あんまり覚えてないからもう一回泊めてくれないかなーなんて 笑
今日で11連勤も残り5日になったので明日からもお仕事頑張ろうと思います!!!








[PR]
by intern75 | 2014-11-09 20:46